医療法人社団 玉栄会東京天使病院エンジェルコート

睡眠時無呼吸症候群とは



トップページ東京天使病院>睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠呼吸障害

    医療関係者様へのご案内はこちら

  • 担当医表
    ※1 ※2
    AM 玉谷 別役   別役/玉谷
    PM   坂巻 中村 髙﨑    

    ※1 火曜日の診療について
          坂巻医師は第4除く。

    ※2 土曜日の診療について
          玉谷医師は第3のみ。

    患者さまへ

    検査機器調整のため、原則お電話にて来院日の確認をさせて頂きます。

    予約電話番号    042-651-5332(外来受付)睡眠担当まで

      午前 午後
    受付時間 8:45-11:30 13:30-16:30
    診療時間 9:00-12:00 14:00-17:00
  • 初診/結果説明の患者さまへ

    睡眠時無呼吸症候群以外の睡眠障害は、木曜日の午後のみとなります。

  • このページのトップへ

  • 診療科紹介

    睡眠は、心身の健康に、とても大切な時間といわれています。

    適切な睡眠時間、質の良い睡眠をとることが大切です。

    当院では、過眠症といわれる睡眠障害の診療を行っております。

    いびきや息が止まっているなどの症状を認める睡眠時無呼吸症候群が、その代表的な疾患です。

    睡眠時間を十分とっているのに・日中強い眠気を感じる・倦怠感がとれない・集中力がないなどの自覚症状、いびきや息が止まっているといったご指摘がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

  • 主な疾患

    ○睡眠時無呼吸症候群 →詳細はこちら

    ○ナルコレプシー →詳細はこちら

    ○REM行動異常症

    ○周期性四肢運動障害

    ○むずむず足症候群(レストレスレッグス症候群)

  • このページのトップへ

  • 検査案内

    診察をご希望の方はお電話にてご予約お願い致します。

    その際、症状の確認、受診案内等をさせて頂きます。

    また他院にて検査をされている場合は、診療情報提供書および検査結果を持参していただきますようお願い致します。ご用意がない場合、診療の進行により当院で再度検査となる可能性がございます。ご了承ください。

  •  

  • 簡易検査

    指と鼻にセンサーを付けて、ご自宅で一晩実施していただく検査です。

    いびきや呼吸の状態を簡便に検査します。

  • PSG(終夜ポリソムノグラフィ)

    1泊2日の入院検査です。

    脳波や眼球運動から睡眠段階を判定します。

    呼吸の状態も観察し、無呼吸の種類を判別します。

    睡眠障害の有無を判別します。

  • MSLT(反復睡眠潜時検査)

    日中に1日かけて行う検査です。

    日中の眠気を客観的に評価します。
    PSG実施後に行います。

  • Titration

    1泊2日の入院検査です。

    CPAP治療を開始するにあたり、上気道へかける圧力(治療圧)を決めます。

  •  
    入院検査( PSG / Titration )スケジュール[一例]
    16:00 入院
    18:00 夕食
    21:00 検査開始
    5:00~6:00 検査終了
    8:00 朝食
    9:00 退院
  • 病室

    個室での検査となります。

    検査料金とは別に個室料金が発生します。

    (個室料金¥12,960)

    お部屋にはTV(テレビカード使用)、冷蔵庫、エアコン、トイレ完備

    各種アメニティグッズも取り揃えております。

    貴重品等は備え付けの金庫にて、患者さまご自身での管理となります。

    検査予約の際にご案内いたします。

  • ご予約・お問い合わせ

    お電話にて受けたまわっております。

    メールでのお問い合わせは、ご返答いたしておりませんので、予めご了承下さい。

    東京天使病院  042-651-5332(外来受付)睡眠検査担当まで

    東京天使病院附属駅前クリニック  042-656-0075

  •  

このページのトップへ

医療関係者の方へ
  • 当院は日本睡眠学会認定施設で、主に過眠症の診断、治療を行っています。
    (不眠症の診断、治療は行っておりません。)

    PSG検査、Titration検査、MSLT検査などの精密検査を行っています。

    ・簡易検査を行ったがAHIが40回/hに満たないためCPAP治療が行えない。

    ・簡易検査によりCPAPを導入したが、患者様が上手く使えない、馴染めない。

    ・CPAP治療継続良好だが、日中傾眠が消えず、他の過眠症併発が疑われる。

    など、CPAP治療を行えないもしくはCPAP治療継続困難な場合に、当院にご紹介いただければ、精密検査を行い、CPAPの導入や睡眠時無呼吸症候群の再評価、CPAP最適圧の確認および他の過眠症診断などを行い、ご報告いたします。

    基本的に患者様には貴院へお戻りいただきますが、貴院がご希望されれば、そのまま当院で治療継続も可能です。(紹介状にその旨を記載いただきますようお願いいたします。)

  • ご紹介いただく先生方へ

    ご紹介いただける患者様には、当院宛の診療情報提供書をお渡しの上、ご来院くださるようお話しください。

    各医師は診療表に基づいて外来診療を行っていますが、予約制となっているため、
    予めお電話でご予約をお取りいただきますよう患者様にお話しください。

    お電話で睡眠呼吸センターをお呼び出しいただき、診察をお申し込みください。

    睡眠呼吸センター  042-656-5332(外来受付)

  •  

このページのトップへ


Copyright © since 2001 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.